忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

普段遊んでいるゲーム全般に関するメモ書き的ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1ゲーム

サプライ:真珠採り、密輸人、金貸し、偵察員、引揚水夫、宝の地図、探検家、幽霊船、冒険者、貴族

相方が偵察員と真珠採りを活かして速攻で宝の地図を揃える。相手が属州買ったときにばかり手札に来る私の密輸人涙目。

36対29で相方の勝ち


第2ゲーム

サプライ:変成、使い魔、ゴーレム、堀、抑留、灯台、木こり、工房、男爵、書庫

灯台の使い魔ブロック率がやたら低かった。まあ相方はゴーレムまで持ち出して使い魔をブン回していたので無理もない。

45対32で相方の勝ち


第3ゲーム

サプライ:中庭、大使、見張り、鍛冶屋、改築、共謀者、巾着切り、寵臣、へそくり、前哨地

改築しまくりデッキの相方と、見張り2枚の超圧縮デッキの私。私が圧縮から寵臣&共謀者デッキへのシフトに成功し、大量リードで勝利。これだけ圧縮できりゃ強いよね、寵臣。

39対16で私の勝ち


第4ゲーム

サプライ:薬師、念視の泉、手先、仮面舞踏会、泥棒、密偵、鉱山の村、貢物、商船、弟子

薬師デッキ対圧縮デッキ。なんでか知らんが相方が使うと薬師がうまく機能するのが羨ましい。

27対24で相方の勝ち


第5ゲーム

サプライ:停泊所、原住民の村、貧民街、祝宴、玉座の間、鉄工所、海賊船、市場、議事堂、交易場

民兵や幽霊船がないのに玉座の間付き議事堂が飛び交うインフレ場に。玉座の間付き祝宴で公領2枚獲得など玉座の間がうまく機能した私の勝利。玉座の間はなんでか知らんが私が使ったときの方がうまく機能する傾向にある。

42対23で私の勝ち


第6ゲーム

サプライ:ブドウ園、錬金術師、賢者の石、地下貯蔵庫、秘密の部屋、詐欺師、漁村、橋、航海士、宝物庫

相方のデッキは錬金術師、漁村、橋と誰もが狙うであろうデッキ、私のは誰もが真似しないであろう航海士のみデッキ。6金がなかなか揃わず金貨仕入れがいつもより大幅に遅かった割にこの点差は大健闘だと思いたい。

37対33で相方の勝ち


第7ゲーム

サプライ:執事、願いの井戸、大広間、庭園、民兵、研究所、改良、バザー、船着場、策士

民兵の応酬は当然として、圧縮のメインに据えたカードが相方は改良、私は執事。デッキ圧縮のスピードで私がわずかながらリードし、僅差の勝利。

31対26で私の勝ち


第8ゲーム

サプライ:宰相、倉庫、公使、島、魔女、祝祭、破壊工作員、拷問人、公爵、ハーレム

序盤から手札に5金来ることが多かった相方が祝祭、拷問人を早くから仕入れ、圧倒。私が使った公使のイマイチっぷりがいかんなく発揮された。

48対37で相方の勝ち


第9ゲーム

サプライ:ブドウ園、大学、薬草商、村、闇市場、密輸人、役人、銅細工師、海の妖婆、鉱山

闇市場で鉄工所購入に成功した私。大学も併用してアクションカードをかき集め、ブドウ園を買い込む。相方に属州で先行されたが、ブドウ園を含む3売り切れで終了。無理して序盤~中盤からブドウ園を買い込んだ甲斐があった。

64対30で私の勝ち

PR

第1ゲーム

サプライ:灯台、停泊所、鍛冶屋、祝宴、巾着切り、祝祭、貢物、へそくり、商船、探検家

両者とも鍛冶屋と祝祭中心のデッキ、金貨仕入れに成功した回数の差が購買力の差に繋がった。

36対21で私の勝ち


第2ゲーム

サプライ:使い魔、ゴーレム、抑留、執事、大使、公使、偵察員、拷問人、弟子、貴族

使い魔とゴーレムを集め呪いカードを押し付けようとする相方に対し、私は抑留トークンを2枚使い魔に乗せ、弟子と大使で圧縮に走る。トークンの乗ったカードを無理矢理取るなら大使併用もありだと思うんだが使わないなんて優しいね、相方よ。

35対15で私の勝ち


第3ゲーム

サプライ:秘密の部屋、中庭、漁村、玉座の間、島、宝の地図、魔女、市場、鉱山、寵臣

私が4金止まりが多く仕方なく島をちまちま買っている間に相方は漁村を買い溜めしつつ鉱山2枚体制。市場購入も相方が先となり、そのまま逃げ切り勝ち。

46対28で相方の勝ち


第4ゲーム

サプライ:ブドウ園、大学、錬金術師、木こり、詐欺師、共謀者、書庫、研究所、交易場、公爵

大学、錬金術師、研究所があるのでアクションがもりもり繋がり、共謀者もウハウハ。ポーションを1枚しか持っておらずブドウ園を買いそびれた相方に対し、ポーション2枚体制(錬金術師場だし)の私は木こりの購入権を活かしてブドウ園を2枚購入。これが1枚7点となったのが大きかった・・・と書きたかったが、実はブドウ園が屋敷でも勝ちは勝ちだった。公爵だったらドロー。つか公爵、買わないよね。公領4枚持てる場なんてそうそう無いし。

38対24で私の勝ち


第5ゲーム

サプライ:堀、手先、村、工房、仮面舞踏会、倉庫、庭園、橋、鉄工所、航海士

庭園のためのアクションカードが満載。当然庭園仕入れレースに。相方が5枚仕入れてリード、そのまま3売り切れで終了。

25対16で相方の勝ち


第6ゲーム

サプライ:薬師、念視の泉、賢者の石、宰相、願いの井戸、大広間、海賊船、改良、船着場、ハーレム

薬師と念視の泉、大広間を中心に序盤を組み立て、改良で圧縮していく相方に対し、私は敢えて海賊船を採用。序盤にポーション、終盤に金貨を割るなどいい仕事をしてくれたが、大広間で稼いだ勝利点の分逃げ切られた。本日一回目の1点差。

38対37で相方の勝ち


第7ゲーム

サプライ:真珠採り、泥棒、金貸し、密偵、男爵、銅細工師、海の妖婆、議事堂、破壊工作員、冒険者

+2アクションのカードが無い中、両者金貸しをまず購入するが、途中で私が男爵を併用。これが大当たり。うまいこと交互に金貸しと男爵が来るオイシイ展開。最後には相方が密偵使用時に私の山札トップの屋敷をホールドしたのが幸いし、私の密偵→屋敷ドロー→その屋敷を使って男爵4金ウマーとなって私がラスト属州を購入できた。まあ一枚しか仕入れていない男爵が丁度手札に来ているなんて普通思わない罠。

37対24で私の勝ち


第8ゲーム

サプライ:地下貯蔵庫、密輸人、役人、民兵、改築、鉱山の村、バザー、前哨地、宝物庫、策士

両者引きがイマイチで資金繰りに苦しむ序盤、私が鉱山の村を捻って無理矢理策士を購入。これにより私が資金力強化で先行する。途中リードしていると判断した私が属州を改築で属州に換える。しかし相方は策士持続ターンに金貨2枚を改築で属州2枚に換え、さらに残った10金で公領を2枚仕入れ、一気に差を詰める。私が屋敷の改築をしそびれていなかったら並ばれていた。あぶねー。本日二回目の1点差。

25対24で私の勝ち


第9ゲーム

サプライ:変成、使い魔、原住民の村、薬草商、執事、貧民街、闇市場、見張り、引揚水夫、幽霊船

ポーションを仕入れ使い魔2枚体制の相方に対し、私は構わず執事と見張りを併用した圧縮デッキを構成。使い魔で呪いを押し付けられても地道に見張りで廃棄、幽霊船を使われても見張りがやりやすくなるさと健気に頑張る私。頑張ったのだが・・・呪いを廃棄しきれなかった分負けた。本日三回目の1点差。

27対26で相方の勝ち

第1ゲーム

サプライ:真珠採り、仮面舞踏会、密輸人、金貸し、庭園、共謀者、鉄工所、拷問人、交易場、へそくり

双方金貸しを購入した序盤、相方はへそくりを中心に仕入れ、私は仮面舞踏会と拷問人を仕入れる。幸いにしてアクションカードの無駄引きが少なかった私がリードし、属州の枚数で上回って勝利。

39対24で私の勝ち


第2ゲーム

サプライ:変成、大学、賢者の石、大使、見張り、倉庫、祝宴、鍛冶屋、公使、偵察員

相方は大学を生かしてドローカード満載。私は山札一巡目で見張りを二枚買い超圧縮モード。圧縮を終えた後に鍛冶屋と偵察員を仕入れ、属州を連続で購入した私が勝利。相方も祝宴を連続で公領に換えるなど頑張ったが一歩及ばず。

48対25で私の勝ち


第3ゲーム

サプライ:木こり、宰相、願いの井戸、民兵、銅細工師、海の妖婆、研究所、貢物、前哨地、冒険者

銅細工師を起点に資金力強化デッキの相方と民兵をドローカードでブン回す私のデッキ。拮抗した勝負となったが、公領一枚分の差で相方の勝ち。いや、私の貢物が役に立たなかった訳じゃないのよ。欲しいところで欲しい結果が出なかったりはしたけどさ。

30対27で相方の勝ち


第4ゲーム

サプライ:念視の泉、使い魔、薬草商、執事、島、鉱山、議事堂、公爵、船着場、探検家

両者とも島と執事を軸とした圧縮デッキ。島は4枚ずつ購入、属州も4枚ずつ購入。屋敷の廃棄が無かったので、勝利点カードの内容が完全一致でのドローとなった。

35対35でドロー


第5ゲーム

サプライ:堀、村、工房、大広間、泥棒、男爵、海賊船、引揚水夫、航海士、祝祭

相方は普通にプラスアクション付きカード満載のビッグイニング狙いデッキ、私はアクションが航海士のみのデッキ。いや、そんなに弱くないんですって、航海士。買った金貨が次使えるようになるまでが早いんだから。次の手札になる予定のカードを見てから流すか保留するか選べるんだから。2金もらえるんだから。宰相よりは使いやすいと思いますよ。

42対26で私の勝ち


第6ゲーム

サプライ:錬金術師、ゴーレム、手先、中庭、秘密の部屋、抑留、漁村、市場、弟子、貴族

錬金術師を邪魔する要素が無いため、双方錬金術師を買い漁る。しかしポーションを確実に手札に入れるカードがサプライに出ておらず、引きの強さ勝負の様相。ポーションドローのタイミングの差で相方がリードし、勝利。

37対24で相方の勝ち


第7ゲーム

サプライ:原住民の村、スパイ、改築、書庫、魔女、寵臣、改良、商船、策士、ハーレム

資金力強化用のつもりで改築を購入、屋敷を改築に改築してそこからさらに改築で金貨、という流れを狙っていたら、相方が原住民の村を銅貨改築と購入でガンガン仕入れる。改築と原住民の村が速攻で売り切れになったところで相方が銅貨から屋敷への改築と屋敷購入に走り、3売り切れ逃げ切りを狙ってくる。幸い改築で金貨を獲得していた私がかろうじて金貨から属州への改築を二度成功させ、形勢逆転。相方の体勢が整わないうちに私が逆に屋敷買占めに走り、3売り切れ終了とする。この展開だったら改築を改築するとき、金貨ではなくハーレムにしておいたほうがよかったとは思うが、まあ勝てたのでOK。

17対11で私の勝ち


第8ゲーム

サプライ:地下貯蔵庫、停泊所、詐欺師、貧民街、橋、鉱山の村、巾着切り、破壊工作員、バザー、宝物庫

相方の詐欺師が大暴れ。私の肝心なアクションカードをガンガン割ってくれた。私が使っても大して仕事してくれないくせに生意気な詐欺師だ。

33対23で相方の勝ち


第9ゲーム

サプライ:ブドウ園、薬師、使い魔、灯台、闇市場、役人、玉座の間、橋、宝の地図、幽霊船

先に2枚目の地図を買ったのは私だったのに、相方が先に地図を金貨に換えることに成功する。私も食い下がったが、灯台が出ていないときに使われてしまった使い魔に押し付けられた呪いカードの分負け。おお灯台よ、肝心なところで役に立たないとは何事だ。

35対34で相方の勝ち

第1ゲーム

サプライ:手先、貧民街、大広間、倉庫、改築、鉱山の村、偵察員、海の妖婆、書庫、破壊工作員

相方が大広間を買占めに走る。大広間偵察員のシナジーを狙っているのが明白なため、私もある程度大広間を買って牽制。私が書庫を生かして先に金貨を購入するが、相方も改築で金貨を獲得して追随。その後私が書庫で12金+手先で増やしていたプラス1購入権を生かして金貨2枚仕入れとして購買力で突き放す。属州購入数3対3の状態から私が金貨を改築して属州にしつつ鉱山の村を2枚廃棄して8金に到達したことで勝利。

33対23で私の勝ち


第2ゲーム

サプライ:大学、錬金術師、賢者の石、木こり、密偵、庭園、巾着切り、海賊船、船着場、貴族

両者初手3の4で銀貨とポーション仕入れ。相方は大学をまとめ買いして船着場を取りまくる。私はポーション2枚目を仕入れて錬金術師を5枚揃える。途中までは拮抗した試合だったが、私の手札が錬金術師5枚になっていたときに相方の密偵が私の山札トップのポーションを流し、これにより錬金術師が山札復帰し損なったことで私が大幅に失速。これが決め手となった。相方は順調に属州を購入し、相方の勝利。

35対27で相方の勝ち


第3ゲーム

サプライ:抑留、原住民の村、村、民兵、共謀者、研究所、バザー、探検家、商船、策士

民兵が大暴れ。お互い資金力もアクションも潤沢だが民兵がうまいこと邪魔をしてくれる展開。そんな中、相方が仕入れ、私が仕入れなかった策士が勝負の決め手となる。策士持続中のターンで相方が16金に到達しつつ民兵を使用。これで私の手札の8金が7金になってしまい、属州を買い損なう。その直後に相方がもう一枚属州を買ってゲーム終了。あまりにも鮮やか過ぎてぐうの音も出なかった。

33対24で相方の勝ち


第4ゲーム

サプライ:薬師、念視の泉、薬草商、仮面舞踏会、執事、詐欺師、役人、男爵、橋、鉄工所

+2アクションのカードが無いので、お互いアタックカードには手を出さず、男爵を中心とした資金力強化デッキを構築する。両者とも執事は持っていたのだが微妙にチャンスに恵まれず銅貨廃棄は進まなかった。ひたすら金貨を仕入れ、公領にも手を出した私が僅差の勝利。

35対30で私の勝ち


第5ゲーム

サプライ:秘密の部屋、停泊所、工房、漁村、鍛冶屋、公使、引揚水夫、改良、公爵、へそくり

私は引揚水夫と改良で圧縮を進め、相方はへそくりを購入して資金力強化。停泊所を使って次のターンに漁村と鍛冶屋を残すなど余剰戦力を次ターンに持ち越し、息切れ無く属州を買い続けることに成功した私が勝利。

32対20で私の勝ち


第6ゲーム

サプライ:ブドウ園、ゴーレム、地下貯蔵庫、中庭、灯台、真珠採り、市場、鉱山、前哨地、弟子

初手3の4だった私と2の5だった相方。相方は鉱山と灯台、私は銀貨とポーションを購入。早い段階で私がゴーレムを2枚仕入れ、弟子・市場・鉱山をブン回してデッキを圧縮。密度の濃さで差をつけた私が逃げ切り勝ち。

34対23で私の勝ち


第7ゲーム

サプライ:願いの井戸、大使、密輸人、銅細工師、島、宝の地図、寵臣、交易場、幽霊船、ハーレム

両者とも4で島を買ったが、3で私は大使を、相方は密輸人を購入。密輸人のお蔭で島の枚数は先行されたが、大使で銅貨をもりもり押し付けつつ島も使って圧縮し、宝の地図を早々に2枚揃えることに成功する。地図を揃えるタイミングの差がそのまま勝敗を決定付けた。

40対35で私の勝ち


第8ゲーム

サプライ:宰相、見張り、泥棒、金貸し、玉座の間、航海士、祝祭、議事堂、貢物、冒険者

私のデッキにあるアクションカード:航海士2枚のみ
相方のデッキにあるアクションカード:金貸し、玉座の間、航海士、祝祭

これで私が勝つとは、誰が信じるだろうか。特に航海士に最低評価をつけた某攻略本編集部とか。

33対29で私の勝ち


第9ゲーム

サプライ:変成、使い魔、賢者の石、堀、秘密の部屋、闇市場、祝宴、魔女、拷問人、宝物庫

何この呪いカード祭w
一巡目は両者ともポーションと闇市場を仕入れ、続いて相方が使い魔をいきなり購入。それをやられては仕方なし、私も使い魔を買ったが、相方はそのあと2枚目を首尾よく購入。呪いの押し付け合戦では相方がリードする。私は闇市場で祝祭、鉱山の村、執事などを購入できたことでかなりやりやすくなった。両者とも堀を購入はしていたのだが一度もブロックに成功することはなく、変成で稼いだ公領の得点が呪いカードの差を上回って私の勝利。

31対24で私の勝ち

うちで二人対戦やるときのハウスルールは現在こうなっている。


・基本、陰謀、海辺、錬金の4つのブースターを使用。

・全部で9ゲームおこなう。

・毎ゲーム開始時に置き場カードをシャッフルし、無作為に10枚選んでサプライを組む。

・錬金のカードは第2、第4、第6、第9ゲームのみ使用し、そのときは錬金から3枚+その他から7枚でサプライを構成する。

・公使、闇市場、へそくりは使用する。礼拝堂、隊商、支配は使用しない。

・闇市場は第9ゲームでの使用と固定し、置き場カードのシャッフル時には除外する。

・第9ゲームでは残ったカード(錬金2枚、闇市場、その他5枚)に錬金の使用済みカードから1枚、その他の使用済みカードから1枚を無作為に選んだものを追加してサプライを構成する。

・各ゲームの先手は初回ゲームと引き分け後のゲームではジャンケンで決め、勝ち負けがついた後のゲームでは直前に負けたプレイヤーが先手で行う。


礼拝堂、隊商、支配を禁止にしているのは内輪の趣味の問題なのでツッコまないように。

なお、うちのカードは基本ブースターのみドイツ語版だが、リプレイでのカード表記はホビージャパン訳を使用させていただくことにした。
プロフィール
HN:
たらこおにぎり
性別:
非公開
職業:
昼食にパスタを作れる職業
趣味:
ゲーム、料理、合唱
自己紹介:
扱う予定のゲーム
モンハン日記ぽかぽかアイルー村
ポケットモンスターブラック・ホワイト
カルネージハートエクサ
モンスターハンターポータブル3rd
ドミニオン
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新TB
最新CM
[06/21 たらこおにぎり]
[06/20 ケペタ]
[04/05 たらこおにぎり]
[04/03 ケペタ]
[03/07 はせべ]
バーコード
ブログ内検索
P R